明日使える役立ち情報

「Uber」で行き先に「人」を指定できる機能が追加

更新日:

uber1※公式サイトはこちら

 

関連記事

配車サービス  ウーバー(UBER)て何?

Uberが自動運転車のテスト走行開始

配車サービス「ウーバー」、利用20億回を突破

 

 

 

uber 0012

 

「Uber」が12月21日からアメリカで行き先として「場所」ではなく、
「人」を指定する新たな機能を追加したと発表しました。
指定できる相手はUberアプリをインストールしていていることが前提。
現在地の通知をONにしておけば、行き先としてその相手の現在地を指定できる。

そしてさらに追加機能。
あの「Snapchat」(海外で大人気のSNSアプリ「Snapchat」について
を開発したアメリカの「Snap」の協力してUber専用Snapchatフィルターを追加。
「Snapchat」のアカウントも持っているUberユーザーは、
Uberに乗っているときに好みのフィルターを選んで車中でセルフィーを撮影すると、
「Uber」専用フィルター付きの投稿ができる。
正直いるか?と思わなくもない。
でもアメリカでは人気ですから。10代20代に。

 

 

UBER(ウーバー)とは

uber1

スマートフォンを使って空車を即時手配するサービス。
空車をすぐに手配できて回転効率が高いというお客さんとドライバー両方が得するサービスです。
あまり知られていないみたいですが、東京エリアでサービスしてるみたい。

乗る手順は以下の通り。

まずアプリをダウンロードしておきます

アプリで「この場所に呼ぶ」

待つ(何分で来るか、などの情報がアプリに表示される、キャンセル可)

乗る

降りる

アプリで金額が出るので指定の支払い方法で払う

 

公式サイトはこちら

 


 

 

-明日使える役立ち情報
-,

Copyright© ZIRNITRA blog , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.