書籍関係

オーバーロード11巻感想

更新日:

91jpamdb2bl※画像はAmazon商品紹介ページから。

 

 

関連記事

オススメ小説「オーバーロード」(アニメ化企画進行中)

オーバーロード1話の感想みたいなもの

オーバーロード新刊10巻が5月30日に発売!

 

 

 

 

81gj8ezq5fl 81ehigwalql 81nb4sgj80l

 

 

はーい、こんにちわ。
じるにとらです。

今日はオーバーロード11巻読み終わったんで、その感想。
10巻はやらなかったんですよねえ。やればよかった。

あらすじ。(Amazonより内容紹介)

失われしルーン技術を求めて
山小人(ドワーフ)の王国を目指すアインズ。
アウラとシャルティアを従えたアインズが
足を踏み入れたドワーフの国では
クアゴアなる亜人種族の侵攻が迫りつつあった。
ルーン工匠を魔導国に引き入れることを交換条件に
アインズはドワーフの王都を奪還する約束をする。
そこで待ち受けていたのはクアゴアのみならず
アゼルリシア山脈最強の種族、フロスト・ドラゴン。
未知なる世界に魔導国の威光が
次々に刻まれていく11巻。

 

オーバーロード11 山小人の工匠

新品価格
¥1,080から
(2016/10/3 00:00時点)

ネタバレ注意!

 

今巻の内容はまったりロード。
だって人間が1人も死んでないですもん。
でも面白さは相変わらず。

ただ戦闘が短く、あっさりと終わってしまうので、
若干の物足りなさは感じました。
でも次回が凄そう。

今回のじる的見所は3つ。

 

①ヘジンマール君の嬉ション

絶対コイツ生き残ると思ってた(笑)

11巻はアインズ様の活躍が少なくてさみしかったですけど、
ヘジンマールのお陰で短い戦闘の中にも「流石アインズ様」感が強烈に出ててグー。
これにはデミエモンもにっこり。ふふふ。

思わず「母です!」と言っちゃいそうになるシーンでこいつはレギュラー取れる器と確信。
ハムスケに続くペット2匹目の座に輝く事ができるか?
今後が見ものです。

 

 

②氏族王が可哀想過ぎる件

今回、ぶっちぎりで可哀想な人・・・じゃないかったクアゴア。
氏族王だけでなくクアゴア族全員が可哀想でしたけど。
ミスらしいミス(クアゴア視点では)はしていないのにここまで酷くなるかと笑っちゃいました。
さすがアインズ様です。

リザードマンのときとは違い、完全に初見殺しだったのがもう・・・。
ワールドアイテムも使われちゃって本当にもう・・・。

どうしろと?

もうやめてシャルティア!とっくにクアゴアのライフは0よ!

 

 

③アインズ様が戦いに敗れてお亡くなりになったみたいなんすよね

エンリ「えー!!!」
じる「えー!!!」

最後で全部もっていった感。
まあ、絶対死んでないですけどね。
次回予告で大体分かります。

あー、早く続きがよみたいんじゃーー!!

 

 

オーバーロード11 山小人の工匠

新品価格
¥1,080から
(2016/10/3 00:00時点)

オーバーロード11 山小人の工匠 Blu-ray付特装版

新品価格
¥3,456から
(2016/10/3 00:44時点)

 


 

 

ドワーフの巻なのにドワーフのことに一切言及してない件(笑)
ドワーフのことも話そうと思ってたんですけどねえ・・・、他が強烈過ぎて。
ルーンとか興味深い情報も沢山出てきてこれからが本当に楽しみ。

そろそろ味方になる女キャラが欲しい。
ハムスケポジの。
ドライアドのピニスンとかいいと思うなあ。
本編にでないかしら。
書籍版だとアルシェが死んじゃったのも痛い。

え?エンリ?
エンリはゴリラだかr・・っと誰か来たようだ。
では今回はこの辺で。

 

-書籍関係
-, ,

Copyright© ZIRNITRA blog , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.