書籍関係

オススメ小説「夜伽の国の月光姫」

更新日:

91ddhv8gjll※画像はAmzonの紹介ページから。

 

 

関連記事

オススメ小説「理想のヒモ生活」

人外ヒロイン(キャラ)が出てくるオススメ漫画を紹介!

オススメ小説「幼女戦記」

 

 

 

 

 

91qnchrj9vl

 

今日は小説家になろうの「夜伽の国の月光姫」を紹介。
こちらの小説、書籍化されていますが、
ジルはもっていないので「なろう」版の紹介となります。

以下、あらすじ。

 

 

とある小国にアルエという美しい王女がいました。
けれど、この国には隠されたもう一人の美姫、第二王女のセレネという少女も居たのです。

セレネは、その異質さにより忌み子として扱われ、
国ぐるみで秘匿され、暗い部屋でひっそりと命を繋いでいました。
でも、セレネには誰も知らないもっと大きな秘密がありました。
セレネの中身は、おっさんだったのです……

 

小説家になろうのウェブページはこちら

夜伽の国の月光姫

 

 

夜伽の国の月光姫


 

 

所謂TS(性転換)物。
TSになろう特有の転生要素が入ってきてもう何が何だか。
ただその多すぎる設定を纏めているのは見事。

まず主人公は中身おっさん(無能で自己中)の幼女。
この時点で既に面白いですが、このおっさん片言でしかしゃべれません。
なろう小説は大体が転生、または召喚された先で言語はなんやかんやで何とかなるもの。
しかしこの小説では一応ヒアリングは完璧に出来るのに、
おっさんは努力をしないためずーっと片言なんです。
この設定が本当に凄い。

TS物っていうのはどうしても言葉使いが気になるもの。
それを片言で話させる設定っていうのはこれ大発明じゃないんだろうか。
天才か?この作者。

ストーリーはギャグテイスト強め。
ファンタジー世界です。魔法もエルフもいるんだよ。
ストーリーキャラは基本皆ボケの役割なので、
地の文で作者がツッコミを入れるしかないのが好き嫌い分かれそうですね。

誰か中身の事を知っているか理解するキャラがいてもよかったんじゃなかろうか。
それか主人公がもう少しだけ他人のことを考えられるキャラなら。
現在、不死鳥のごとく舞い戻って第2部が開始されています。
もしかしたら新キャラがそういう役割をするかもしれないと少しがけ期待していたり。
まあジルは全然今のままでもOKですけど。

 

TSものに飢えている人は是非呼んでもらいたい作品です。
始めに言いましたが書籍化もされているのでそちらからでもいいと思います。

では今回はこの辺で。

 

-書籍関係
-,

Copyright© ZIRNITRA blog , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.