書籍関係

オススメ小説 異世界居酒屋「のぶ」

更新日:

816YdDBQNfL※画像はAmazon紹介ページより。リンクは下記より

 

 

関連記事

オススメ小説「理想のヒモ生活」

人外ヒロイン(キャラ)が出てくるオススメ漫画を紹介!

オススメ小説「幼女戦記」

 

 

 

 

 

index

 

今日は「蝉川 夏哉」先生の書くオススメ異世界ノベル、
「異世界居酒屋のぶ」の紹介。
「小説家になろう」のサイトでも人気の作品なので、
知っている人も多いかもしれません。

あの孤独のグルメの作者である久住昌之氏が絶賛。
小説だけど腹が減る。
いや小説だから腹が減る。
深夜に絶対読まないように。

 

あらすじ。(Amazonの1巻目より)

古都アイテーリアの裏路地に、一風変わった店があるという。
若い衛兵ハンスは同僚のニコラウスに連れられてその店──居酒屋「のぶ」を訪れる。
木の引き戸を開けた先にいるのはノブ・タイショーと呼ばれる主人と、給仕のシノブという女性。
こぢんまりとした店内は、不思議な異国の情緒を漂わせており、
見たことも聞いたこともない料理を出してくる。

そして、キンキンに冷えたエール──「トリアエズナマ」がとんでもなくうまい!
噂は広がり、次々に客が訪れるようになるが、中には込み入った事情を持つ者もいて……。
これは、異世界に繋がった居酒屋「のぶ」で巻き起こる、小さな物語。

 

 

816YdDBQNfL

 

ストーリーは短編を詰め込んだような感じで進みます。
居酒屋のぶが舞台の主役ですが、
異世界モノということもあり、バックストーリーがとにかく面白い。
あれです、外国人の反応を楽しむ感じです。

「英国一家、日本を食べる」の異世界版みたいな。
あちらはノンフィクションですけど。

出てくる料理はもちろん日本ではお馴染みのものばかり。
ただ描写とキャラクターの心情表現が上手いのか、
普通よりも美味しそうに思えます。

料理長である信之が料亭で働いていたってのも説得力が出る表現の仕方です。
料理が上手いって書いておいて美味そうに見えない小説も一杯ありますし、
正直、ここまで腹が減る料理小説はみたことがありません。すごい。
もちろんフィクションの中ではの話ですが。

興味の湧いた方は是非!
Amazon以下のリンクから。

 

異世界居酒屋「のぶ」 (宝島社文庫)

新品価格
¥702から
(2016/8/26 15:03時点)


コミカライズもしていますよ!

 

このマンガがすごい! Comics 異世界居酒屋「のぶ」 しのぶと大将の古都ごはん (このマンガがすごい!comics)

新品価格
¥745から
(2016/8/26 15:05時点)


 


 

 

 

-書籍関係
-, ,

Copyright© ZIRNITRA blog , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.