明日使える役立ち情報

「au未来研究所」が作る次世代型おままごとキット「ままデジ」

更新日:

p_index_01※画像は公式リリースページより→
http://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2016/06/15/1857.html

 

 

関連記事

フリマアプリ「メルカリ」で車が買えるように

インスタグラムの新アプリ「ブーメラン」

視覚障がい者のための買い物補助アプリ「バーコードトーカー」が凄い!!

 

 

p_index_01

 

「KDDI」がコミュニケーションの未来を創造することを目的とした「au未来研究所」のコンセプトモデルとして、
キリンとコラボレーションして作った次世代型おままごとキット「ままデジ」を発表しました。
古くから親しまれている「おままごと」を、センサーやタブレットと連携することで、
よりリアルな料理体験に近づけることも目的としています。

以下、公式の紹介文。

 

次世代型おままごとキット「ままデジ」

md_slide_01 md_slide_04 md_slide_06

子どもはちょっと背伸びをして「おとな」のまねをしたいもの。
包丁で野菜を切る、フライパンで炒める、計量カップで水を入れる・・・
ママがお料理をしている姿を見ては「いつかは自分も・・・」と思っています。
そんな子どもの純粋な気持ちを叶えてくれるのが 次世代型おままごとキット「ままデジ」です。

プロダクトのコンセプトは 「“おままごと”を“リアルな料理”に近づける」。
野菜に見間違える本物そっくりな見た目の食材、 子ども達がなかなか触らせてもらえない“大人仕様”の調理器具。
包丁を切る時の「ザクザク」という音、フライパンで炒める時の「ジュージュー」という音。
子どものアクションをセンサが検知し、 そのアクションに応じて料理をしている時の“音”が聞こえる。
更には、料理が完成すると本物そっくりの“匂い”も。
鍋のフタをあけると、カレーの匂いがした湯気がふわっと出てくる。
本当にカレーを作ったかの様な気持ちになる。

見た目、触り心地、音、匂い・・・
人間が持つ感覚器(視覚/触覚/聴覚/嗅覚)を刺激し、
本物の料理をつくったかの様に“味覚”さえも想起させられる、 いままでにないおままごと体験。
au・KIRIN・ハッカソンメンバーの共創によって開発された次世代型おままごとキット「ままデジ」の誕生です。

 

 

 

公式ページはこちらから

 

 


 

 

 

ままごとも未来へですか。
ドラえもんにもそんな感じの話があったような。
将来、物を使わなくなるレベルまで行きそうですね。
VRとか使って。

では今回はこの辺で。

 

 

-明日使える役立ち情報
-, , ,

Copyright© ZIRNITRA blog , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.