FGOプレイ日記

[ Fate / Grand Order ] FGOプレイ日記 ⑭        「そう思うだろ、あんたも。」

更新日:

fgo210

あれ?どっかで合いませんでした?

 

 

 

 

fgo206

 

 

サムネで既にオチが付いてる気がしないでもないFGOプレイ日記14回目。
今日はもちろん先日のアップデートで追加された5章の話。

・・・・とその前に。
システムの方のアップデートの内容についても少しだけ。

 

 

 

fgo209

fgo213

 

 

 

告知されていたフレンドサーヴァントの登録人数が変更されました。

「サポート編成」の項目が追加され、
セイバー~バーサーカーまでクラス7体プラス、
好きなクラスのサーヴァント1体を登録できるように。

フレンドにはいつも通りの表示のされ方をしますが、
上の部分の「クラス切替」を選択すると
登録してあるサポートサーヴァントを表示させる事ができます。
少し面倒くさいですね。

それと上の画像を見ればなんとなーく分かると思います、
礼装はサポートサーヴァントで使いまわせません。
全サーヴァントにカレイドスコープ付けたかったら
最低8枚持っていなければならんとですよ。注意。

 

 

ジルが現在登録しているサーヴァントは上の画像の通り。
いずれは全員イベントサーヴァントで埋めてえなあ、と考えております。
ドレイクとか、ジャックとか持っていますがあえてこれ。
趣味に走ります。

フレポ狙いなら無難に星5登録しておけばいいと思うー。

 

 

ここから5章の話。
ネタバレ注意。

 

 

 

fgo210 fgo211 fgo212

 

 

 

5章の舞台はアメリカ。
話のクオリティは前のロンドンよりは確実に高かったです。
あ、ロンドンが低すぎただけか。

ただFateシリーズとしてなら赤点もいいところ。
ソシャゲに期待するのもどうかと思いますけど、
もっともーーっと頑張って欲しい。

(・・・ひょっとしてもう全部ストーリー書き終わってるのかな。)

 

 

 

 

fgo207

fgo235

 

 

ラスボスのオルタニキ。
手がちょっと変な気がするけど気のせい気のせい。
メイヴとセットで大活躍。

メイヴはどっかの先輩を思い出しますね。
性格じゃなくグラが。
実にラブリー。

テスラなどと同じく、
ストーリーをクリアするとガチャに追加されるメイヴ&オルタニキ。
ジルはゴテゴテしたオルタニキの戦闘グラが好きなので、(もちラブリーメイヴも)
クリア後即ガチャしましたが爆死。

ガチャ結果を見てくれ。こいつをどう思う?

 

 

fgo204

fgo202

 

 

 

すごく・・・酷いです・・・。

いやあ、マジ酷い。
ううう(泣)

10連1回と単発何回かでこれ。
まあラーマ君が2体出たのはラッキーでした。
早くピックアプコイコイ。
課金はせんが。

 

 

 

fgo215 fgo219 fgo224 fgo225

 

 

 

それにしても一杯追加されましたねサーヴァント。
時間が無いのでというかメンドクサイので全部にコメントはできませんけど、
魅力的なサーヴァントが何体もいました。

特に好きだったのがブラヴァツキー夫人。
立ち絵もそうですが、何よりモーションがいい。
ホンファンネルッ!!

ビリー君は存在感なかったですね。
どっかの怪人並。
なんで出てきた。
まさかジェロニモより出番少ないとは。

 

 

 

fgo230 fgo229

 

 

 

限定サーヴァントもストーリーに登場。
ああ欲しいなあ、嫁ネロ。
師匠もかっこいい。
どちらも出番多かったですねー。

でもこの娘らを今出す理由はなんでしょうか?
師匠は分かるよ、師匠は。
でもネロは?どして?
超欲しくなっちゃうよ。
課金はせんが。

 

 

 

fgo234

 

 

 

やっとこさ出てきたご存知マーリン。
え?
ご存知、ないのですか!?
彼こそ脇役からチャンスを掴み、
出世コースを駆け上がっていった、
超万能キャスター「マーリンさん」です!!

・・・脇役じゃあないな、うん。

 

出番は少なかったですが、
そろそろ活躍するでしょう。
最後、マシュがやばそうでしたから。

 

 

 

 

fgo239 fgo240

 

 

 

テスラとエジソンの競演キターアアアアアアァァァ!!
ムネアツ。激ムネアツ。

どちらも人類史最高の偉人です。
Fate世界ではどうか知りませんが、
もしリアルでランク付けするなら、
この2人はブッチギリでトップになるでしょうね。

世界を救うより、世界を進歩させるほうが難しい。
クライマックスの科学者2人の掛け合いは5章で一番好きです。

 

 

 

fgo231

 
魔力支援が途切れ、混迷をきわめるアメリカ大陸。
だが、それでも英霊は、明日への希望を抱き、今日を生きる。
その追い風に逆らって、歩く男が二人。
逆らって歩く男、二人。

嗚呼、もはや何も言うまい。
語るべき言葉、ここにあらず。
話すべき相手、ここにおらず。
男、ただ前を向き、ただ上を目指す。
ただ、前を向き、ただ上を目指す。

 

「スクライド」

掴め!全て!この手っでー!

うん、全体的に5章はスクライドっぽいと思う。

そう思うだろ?あんたも

はい、サブタイ回収おつでーす。

インド2人とか、テスラ&エジソンとか、師匠とオルタニキとかー。
特に最後の師匠VS李書文はまさに「漢」そのもの。
師匠は漢の中の漢だったんd

 

ー ゲイ・ボルク・オルタナティブ ー

 

・・・し・・しょ・・・・うは・・おん・・・なの・・・こ・・・。

 

 

 

 

fgo241 fgo242

fgo243 fgo244

 

 

 

最後にエイプリルフールの話。

いやあ、リヨは大活躍でしたね。
こんなに働いて大丈夫か?

もしかして4月1日以降も見れるのかなー?と期待していたんですけど、
きっちり終わってしまいました。
もったいない。

それにしてもノッブおまえ・・・・。

 

では今回はこの辺で。
ばいばいばい。

 

 

 

 

 

-FGOプレイ日記
-, ,

Copyright© ZIRNITRA blog , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.