Google関係 アフィリエイト関係(アドセンスとか)

google adsense で気をつけておくこと

更新日:

 

グーグルアドセンスの審査が通って安心していたジルニトラですが、

ネットで調べてみるとアドセンスをやる上で気をつけることが一杯あることを知りました。

ざっとブログの記事を見直してみると間違いを早速見つけて訂正。

危ない危ない。

 

忘れるといけないので記事にしておきます。

グーグルアドセンスでやってはいけないこと

 

 ①自己クリック禁止

自分でアドセンス広告をクリックしてはいけない。絶対駄目です。一発レッドです。

 

クリックの誘導禁止

ここをクリック、などのアドセンス広告に誘導するようにする書き方をしてはいけません。

 

誤解を招く見出しの下での広告配置

ジルニトラの広告では「スポンサーリンク」と書いてある部分、それを「関連商品」とか「関連リンク」などの見出しにしてクリックさせようとすることを禁止。

 

最初の画面に本文が表示されないような設置は禁止

最初に見たときページの最初が広告だけしか見えてなくて本文がスクロールしないと見えないのは駄目

 

画像と広告の並列配置

画像の直ぐ下に広告を貼ったりするのは禁止です。画像の下の広告が関連リンクだと誤解を招くためです。

 

 ⑥報酬の提供の禁止

広告のクリックに対しての報酬を提供する記述や行為を禁止。

 

FLASHゲームとの間隔

FLASHゲームとの間隔が狭いと誤クリックが多数発生してグーグル側に不正とされてしまうことがあります。設置する場合は間隔をかなり取っておいたほうが良いと思います。

 

アドセンスの広告設置上限を超えてしまうこと

コンテンツ向けアドセンスユニットは3つ、リンクユニットは3つ、検索ボックスは2つ、と1ページに乗せる広告の上限は決まっています。

 

第三者からの嫌がらせを防ぐ方法

 

グーグルアドセンスで特に違反等はしてないのに、いきなりグーグルから警告がきて広告表示が停止することがあります。

第三者がサイトのソースをコピーするなどしてアドセンスコードを知り、それをアドセンス規約に反するサイトに貼るなどして嫌がらせしているのが原因です。

これを防ぐにはどうしたら良いか?

簡単なので直ぐやっておきましょう。

まずアドセンスの管理画面の右上にある[設定マーク] をクリック

bouei1

それから「アクセスと認証」から「サイトの認証」を

クリックしてください。

 

bouei2

画面のように

「自分のアカウントで特定のサイトの広告表示のみを許可する」にチェックを入れて

空欄に自分のサイトのURLを入れて保存してください。

このときhttp://wwwや / は不要です。

ジルニトラの場合ですと「http://zirnitra.org/」が「zirnitra.org」となります。

これで他のサイトでコードの不正利用を防ぐことができます。

やったね

 

 

では今回はこの辺デー(>∀<)

-Google関係, アフィリエイト関係(アドセンスとか)
-

Copyright© ZIRNITRA blog , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.