明日使える役立ち情報

「Amazon」を騙るフィッシング詐欺が発生!超注意!!

更新日:

amazon公式

画像はAmazon公式サイト

 

 

 

antiphishing_s

※フィッシング対策協議会の緊急情報より

 

 

2月1日、
フィッシング対策協議会がAmazonサイトと激似のフィッシングサイトが見つかり、
注意を呼びかけ続けています。
上画像がそのフィッシングサイトのログイン画面ですが、
本当によく似ています。

これについて直ぐAmazonヘルプページで
「Amazon.co.jp からのEメールかどうかの識別について」という情報を公開。

以下、Amazonヘルプページからの引用。

 

 

Amazon.co.jp からのEメールかどうかの識別について

偽装の疑いのあるEメール内の添付ファイルやリンクを開かないでください。
もし添付ファイルやリンクを開いてしまった場合は、
コンピューターを保護するをご覧ください。

フィッシングメールである場合、
Eメール内に以下のものが含まれている傾向があります。

 

注文していない商品の注文確認をする内容

注: アカウントサービスの注文履歴で、
Eメールに記載されている注文の情報がサイト上に
表示される注文詳細と合致しているかを確認してください。
合致していない場合、そのEメールはAmazon.co.jp から送られたものではありません。

Amazon.co.jp のアカウントにご登録のお名前やパスワード、その他個人情報を求める内容
お支払い情報の更新を求める内容

注: アカウントサービスのお支払い方法の設定内にある
クレジットカード情報の編集・削除にアクセスしても支払い方法の更新の指示が出ていない場合、
そのEメールはAmazon.co.jp から送られたものではありません。

Amazon.co.jp のWebサイトではないサイトへのリンク。
  「http://××.amazon.co.jp」で始まらないWebサイト
添付ファイルやソフトウェアのインストールを求める内容
誤字や文法の間違い
送信元が、Amazon.co.jp やAmazon.com を装ったEメールアドレス

注: 送信元のEメールアドレスに、
以下のドメインリストに掲載されていないインターネットサービスプロバイダが含まれている場合は、
偽装メールです。

 

Amazon.co.jp で使用しているドメイン

Amazon.co.jp は以下のドメインを使用してEメールをお送りしています。

amazon.co.jp
amazon.jp
amazon.com
marketplace.amazon.co.jp
m.marketplace.amazon.co.jp
gc.email.amazon.co.jp
gc.amazon.co.jp
payments.amazon.co.jp

 

 

公式ヘルプページはこちら

 

 

 

転送先の偽サイトのドメインはコロンビアの国別ドメイン
「http://www.am●●●●●.co/」が利用されていて、スマホ等でURLがすべて表示されていない、
さらに偽サイトもAmazonのデザインをそのまま流用しているため、
誤認する可能性が非常に高いです。

類似サイトでアカウント情報(Eメールアドレス・パスワードなど)を
絶対に入力しないようして下さい。

 

 


 

 

 

 

この偽サイト本当によく似ています。
知らなければ絶対騙されるレベル。
Amazonのメール等気をつけてください。

 

では今回はこの辺で。

 

 

 

-明日使える役立ち情報
-, ,

Copyright© ZIRNITRA blog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.