明日使える役立ち情報

傷口が感染すると色が変わる「絆創膏」が凄い

更新日:

1447760864_cerotto-smart-600x335

※画像はこちらのサイトから引用→http://wired.jp/

 

 

 

 

 

参考ニュース

傷口が感染すると「色が変わる絆創膏」が守る子どもの命

 

<絆創膏開発動画>

 

「わたしたちの医薬品は、ナノカプセルの中に含まれる蛍光染料の放出を通じて作用します。
ナノカプセルが、傷口の内部で病原菌が分泌する毒素により活性化するのです」

「ナノカプセルは皮膚の細胞の振る舞いを真似ていて、有害な細菌が存在するときだけ壊れる仕組みです。
普段皮膚に棲息している無害な細菌ではそうはなりません」               ~動画より(

 

 

 

バース大学とブリストル王立小児病院の研究者たちが、
覆っている傷口が感染したときに、色を変化させる絆創膏を開発中とのこと。

仕組みはこう。

ナノカプセルが、傷口の内部で病原菌が分泌する毒素により活性化し、
皮膚の細胞の振る舞いを真似て、有害な細菌が存在するときだけ壊れるようになっていて、
そうして含まれる蛍光染料が色を変化させます。

いまのところは研究室でのみテストされているらしいですが、
すぐに実地試験も開始するだろうと言っています。

またイギリスの医学研究審議会から100万ポンドの資金を受けていて、
短時間で装置の商業的開発を行うことが可能となるはずとしています。

 

 

 


 

 

 

医療の進歩は凄いですねえ。
動画にあるように子供を主に対象としており、
もしこれが一般的に広く使われるようになれば
感染症で亡くなる人数がぐんと減るかもしれませんね。

期待の技術。
応援してます。

 

では今回はこの辺で。

 

 

 

 

 

-明日使える役立ち情報
-,

Copyright© ZIRNITRA blog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.