明日使える役立ち情報

フォルクスワーゲンの排ガス不正、新たに7万台

更新日:

VW※画像は公式サイトから引用。→http://www.volkswagen.co.jp/ja.html

 

 

 

 

 

関連記事

不正問題で交代したVWの社長はポルシェのマティアス・ミュラー氏

 

 


 

 

 

ドイツのフォルクスワーゲン本社はアメリカ当局に対して、SUVと大型高級車の排ガス不正問題について、
これまでに指摘されたものに加え、さらに7万5000台の不正があったと報告がしました。
この不正は2009年型車から行われていたとされていると米環境保護局(EPA)が11月20日に明らかになりました。

 

EPAと米カリフォルニア州大気資源局(CARB)は、
排気量3.0リットルのV6ディーゼルエンジンを搭載したVWのSUVのほか、
VWの高級車ブランドであるアウディとポルシェ、それらの内、
少なくとも1万台で排ガス試験の不正があったと指摘。
不正は小型車だけでなく、大型車でも行われていた可能性があります。

EPAによると、VWとアウディ幹部は3.0リットルのディーゼルエンジンを搭載した
2009~2016年モデルのすべての車両で不正が行われていたことを報告し、
合計の台数は8万5000台にも。
これらの車両には排気量を調整する補助ソフトウエアが搭載されており、
アウディはこれについてアメリカ当局には報告していませんでした。

アウディには報告するべきだったとし、VW側の落ち度となるか現在、当局は調査を進めています。
アウディの広報担当者はこれについて、
補助ソフトウエアは欧州では違法とされていないとしたものの、
当局に報告を行っていなかったことは認め、
当局に受け入れられるようプログラムを改正する用意があるとしています。

 

 

 


 

 

根深い問題ですね。
どこ叩いても埃だらけ。
誇りはどこいった。

最近では日本の旭化成が問題になっていますが、
大企業がこんなことやっているようじゃ消費者は何を信じれば良いのか。

大企業は大企業らしく、堂々と商売をして欲しいものです。

 

では今回はこの辺で。

 

 

-明日使える役立ち情報
-, ,

Copyright© ZIRNITRA blog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.