明日使える役立ち情報

はやぶさ2が12月3日に地球最接近ですって。

更新日:

はやぶさ2※画像ははやぶさ2公式紹介サイトより引用

 

 

 

参考ニュース

<はやぶさ2>スイングバイで地球最接近へ 12月3日

 

 

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は10月14日、
小惑星探査機「はやぶさ2」が地球の重力を利用して加速し、
小惑星リュウグウに向かって軌道を変える「地球スイングバイ」で
12月3日午後7時7分頃に地球に最接近することを発表しました。

 

 

swing_pic_01

 

「はやぶさ2」の公式サイトでは早速特設ページが出来ており、
分かり易い解説や今後の軌道データについてなどが公開されています。

 

また特設ページによると、
「はやぶさ2」が地球に接近したとき、地上でも望遠鏡を使って観測できる可能性があるそうです。
その為の観測情報も特設サイトでお知らせするみたいなので、興味のある方は是非観測に挑戦してみては?

※注意

探査機の明るさは非常に暗い可能性があり、
大きめの望遠鏡でないと観測できない可能性があります。
探査機の明るさの予測は非常に難しいのでここでは明るさについての情報はありませんが、
例えば2002年に火星探査機「のぞみ」の地球スイングバイ時の観測に成功したときには、
「のぞみ」の明るさは15等〜 16等でした。

日本国内では、12月3日の日没後から19時前にかけて、
「はやぶさ2」が観測できる可能性があります。
緯度が高いほど、観測の条件はよくなります。
国内の北部、中央、南部として、たとえば、名寄、臼田、石垣島を選んだ場合、図5のようになります。

swing_pic_05(図5)各地から見える「はやぶさ2」の仰角(高度)。
ここでは、北は名寄、南は石垣島を例としてあげた。
赤い※印で示す線は、太陽の仰角であり、日没前を示す。
また、日陰とは、「はやぶさ2」が地球の影に入ってしまうことを指す。

「地上望遠鏡による「はやぶさ2」の観測について」の注意より

 

 

「はやぶさ2」の公式サイトはこちら

 

 


 

 

 

あまりニュースで放送しない「はやぶさ2」。
前回で注目度は上がったものの、まだまだ、という感じです。もっとやっても良いと思うですけどね。

はやぶさ2最接近はニュースでやってくれるのかしら。
出来れば生放送して欲しいです。

 

では今回はこの辺で。

 

 

-明日使える役立ち情報
-, , ,

Copyright© ZIRNITRA blog , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.