明日使える役立ち情報

マイナンバー制度がいよいよ始まりますよ

更新日:

マイナンバー※画像は内閣官房ホームページより引用

 

 

とうとう始まりますねマイナンバー制度。
ジルはまだきてませんが、もうナンバー来た人もいるんでしょうか?

今回は、
むか~~しにちょろっと記事で話したマイナンバーについてまとめたいと思います。

といっても公式のQ&Aを参考にして書くだけなので
そこまで難しい内容にはならないと思います。

 

 

マイナンバーの公式トップページはこちら

 

 

 

 

 

 

マイナンバー」って一体何なの?

マイナンバー2

 

 

住民票がある人に1つの番号「マイナンバー」を付して、
社会保障、税、災害対策等の分野で情報を一括管理し、
複数の機関に存在する個人の情報が同一人の情報であることを
すばやく確認するために活用されるものです。

 

 

 

このマイナンバーに期待される効果は3つ。

 

    1. 所得や他の行政サービスの受給状況を把握しやすくなる。
      よって負担を不当に免れることや給付を不正に受けることを防止するとともに、
      本当に困っている方に細かな支援を行えるように。
    2. 添付書類の削減など行政手続が簡素化し、国民の負担が軽減します。
      また、行政機関にある自分の情報を確認したり、
      行政機関からくる様々なサービスの知らせを受け取ったりできるようになります。
    3. 行政機関や地方公共団体などで、
      様々な情報の「照合」「転記」「入力」などに要している時間と労力が削減。
      無駄がなくなります。

 

 

マイナンバーはいつから始まる?

 

マイナンバー3

 

 平成28年1月から

です。

この月から社会保障、税、災害対策の行政手続にマイナンバーが必要になります。
よく間違う人がいますがマイナンバー配布が始まるのが10月、
使えるようになるのは来年からですよ。

 

 

 

どんな時に使うの?

 

マイナンバー4

 

国や地方公共団体などで利用します。

社会保障、税、災害対策等で使われるのですから当然ですね。
年金・雇用保険・医療保険の手続、生活保護・児童手当その他福祉の給付、
確定申告などの税の手続などなど。
あらゆるところでマイナンバーを求められることになります。

 

さらにここが重要。

民間企業でもマイナンバーを取扱います。

従業員やその家族だけでなく、
たとえば金融機関の顧客に対しても提示を求めることがあるそうです。

 

 

 

マイナンバーって安全なの?

マイナンバー5

 

制度面の保護措置として法律に規定があるものを除き、
マイナンバーを含む個人情報を収集したり、保管したりすることを禁止。
また特定個人情報保護委員会という第三者機関が、マイナンバーが適切に管理されているか監視・監督を行い、
さらに法律に違反した場合の罰則も従来より重くなっています。

 

システム面の保護措置として個人情報を一元管理するのではなく、
従来通り、年金の情報は年金事務所、税の情報は税務署といったように分散して管理。
また行政機関間で情報のやりとりをするときも、マイナンバーを直接使わないようにしたり、
システムにアクセスできる人を制限したりと通信する場合は暗号化を行います。

 

結局、安全なの?どうなの?

現段階ではわかりません。
人や法、制度にシステム。
全て完璧に見えても絶対なんてありえないですからね。
必ずなにかしらの問題が起こるでしょう。

今のシステムだって別に安全って訳でもないですし。
大事なのはいかにこのシステムについて知っているかだと思います。

メンドクサイって言わないで、
ある程度はマイナンバーについて勉強しておく事がいいと思います。

 

 

 

では今回はこの辺で。

 

 

 

-明日使える役立ち情報
-, ,

Copyright© ZIRNITRA blog , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.