明日使える役立ち情報

アメリカが難民受け入れ枠を10万人に拡大へ、収まらない難民問題

更新日:

91bcb117

 

画像はこちらのサイトから引用
【画像】 難民が通り過ぎた駅がゴミだらけでドイツ人驚愕
 

 

 

 


 

 

 

 

今月20日、ケリー米国務長官が欧州への難民流入危機の緩和に向けて
米国が現在の約7万人の年間難民受け入れ枠を2016会計年度に8万5000人、
そして17会計年度には10万人へ増やす計画を発表しました。

ケリー米国務長官はシリアからの難民受け入れ数を厳密には言わなかったですが、
おそらく多くがシリアの難民になると考えている様。
オバマ大統領も来月から約1万人を受け入れるよう政府部署に言っています。

 

さてこのシリアからの難民問題ですが、
皆さんどれくらい知っていますかね?テレビ、新聞、ラジオ、ネットニュースなどバンバンやっているので
結構知っているとは思います。

今回、ココ最近の難民のニュースについて少しまとめてみたいと思います。

 

 

 

ドイツ流入の難民が今年で100万人になるかも

 

 

9月14日、ドイツのガブリエル副首相が党首を務める社会民主党の党員に宛てた書簡にて、
今年中ドイツに流入する難民の数が内務省予想の80万人を上回り、
100万人に達する可能性があると述べていることをロイターが発表しました。

 

 

wpid-uRz3EUC

画像はこちらのサイトから引用。

 

 

画像はドイツに到着したシリア難民。
記事トップ画像はシリア難民が通り過ぎたミュンヘン駅。

 

ドイツは難民を労働力にしようと頑張っているみたいですが、
どうにも上手くいかない感じ。

難民の中には戦闘員も当然混じっているので
難民真偽にも頭を悩ませています。

文化の違いと言えるレベルなのかどうかの価値観の大きな違いも問題。
ミュンヘン駅の惨状を見たドイツの人たちはかなりビビッています。

 

 

 

ギリシャの難民収容限界。

 

wor1509200026-p2

 

画像はこちらのサイトから引用。
公園にあふれる野宿の移民ら「何も食べていない…」アテネルポ 職員は「精いっぱい」

 

 

 

シリアだけでなく、他の中東や北アフリカ、
さらにトルコからの移民などが大量に入ってくるギリシャ。

首都アテネでは市中心部周辺の公園が野宿する移民の人たちで溢れています。
海を渡ってくる移民は増加する一方、収容が全く追いついていない状況です。

この公園には地元の人たちは近づかず、敷地内にあるカフェにお客もいない。
ジュースを差し入れにくる人もいるそうですが、
子供や若者が殺到して怒鳴り声も上がるといいます。

今ギリシャは財政危機真っ只中。
欧州全体に支援を要求していますが、
果たして願いを聞いてくれる聖人は現れるか。

 

 

ハンガリ―国境封鎖。難民抗議

 

 

画像はこちらで

難民ら高速道路埋め尽くす ハンガリーの国境閉鎖に抗議

 

ハンガリーが国境を封鎖しました。
増え続ける難民・移民の流入に歯止めがかからないと判断したためでしょう。

そして紛争地から欧州を目指す人々の通過地となっていたハンガリー・セルビアの国境で
ハンガリーが主要な国境検問所を閉鎖したことに対する抗議が続いていると9月15日に報道されました。

難民・移民約千人がセルビア北部にある高速道路に集まって
閉じられた国境ゲート前で「メルケル、私たちを助けて」などと言い、
開門を求め続けて声を上げ続けていたと言います。

 

 


 

 

 

 

簡単に幾つかの難民問題を挙げてみました。

ジルが難民について一番問題だなって思ったのは、
難民の人たちが自国をどうにかしようとする意思が全くみられないということ。

実際聞いたわけでは在りませんが
Facebookやtwitterで彼らの声を見ているとそう感じました。

助けて、大変、不幸、お願い、不安、助かった、おいしい、ありがとう。
そういうコメントが多かったです。

入国して以降、自分が自国に対してどう行動を起こしていくかが
全然書かれていないんですよね。

うーむ、いかんなあ。

皆さんはどう考えているんでしょうか。

とにかく出来るだけ多く情報を集め、他の人の意見も聞いて、
常に考えておきたいですね。

 

 

では今回はこの辺で。

 

 

-明日使える役立ち情報
-, , , ,

Copyright© ZIRNITRA blog , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.