明日使える役立ち情報

新国立の整備計画決定。上限は1550億円で20年4月末に完成予定

更新日:

kokuritu※画像は新国立競技場のホームページから

 

新国立競技場のホームページはこちら→
http://www.jpnsport.go.jp/newstadium/

 

新国立の整備計画決定。上限は1550億円で20年4月末に完成予定

 

 

前回の記事

新国立競技場の総工費2,520億円に。5月より895億円増

 

 

2020年東京五輪・パラリンピックの会場となる「新国立競技場」。
その関係閣僚会議を首相官邸で28日に開き、新たな整備計画が決定されました。

前回の総工費上限2520億円を1550億円に縮小。
9月1日に設計・施工一括での企画案公募を行い、年内に事業者を選定し20年4月末の完成を目指すことに。

会議には安倍首相も出席して
「原則として競技に必要な機能に限定した結果、工費を大幅に圧縮できた」、
「20年大会に間に合うよう、確実に完成させる必要がある。今後、進捗状況を国民にしっかりと説明してほしい」
と指示しました。
併せて財源負担に関し、東京都と協議を進めるよう求めることも。

前回の計画で2520億円に膨らんだ総工費を抑制するため変更された計画。
開閉式屋根を設けず、屋根は観客席上部のみに。
用途は原則としてスポーツに限定
暑さ対策として検討していた観客席の冷暖房設備設置も見送りました。

これらもろもろの総工費の内訳は、施設本体が1350億円、周辺整備が200億円。
これとは別に必要となる設計・監理費は、40億円程度と設定されています。

 

 

工期は20年4月末までの確実な完成を予定。
国際オリンピック委員会(IOC)の要請もあったので、
業者を公募する時には同年の1月末を完成の前倒し目標とすることも決定されました。

収容人数は約6万8000人。
将来のサッカーワールドカップを見据えて客席は最大8万人に対応できるようにする予定。
五輪で必要となる、直前練習のための補助競技場は「徒歩圏内に仮設で設置する」らしいです。

 

 


 

 

 

うーん・・・。
工費が減ったのは良い事だけど・・・1,000億円も減ったのか。

大丈夫?
減りすぎじゃない?

1,000億円ってドーム作れるんですけど!
スタジアム作れちゃうんですけどー!!

 

でも何でこんなに減らせるんでしょうかね?
開閉式屋根はもとから2,520億の中には入っていないから、
冷暖房が700億くらい費用喰っていたのかな?

・・・・いやいやいや。

怪しいなあ・・。

エンブレムの件といいオリンピックが不安でしょうがない今日この頃。

 

では今回はこの辺で。

 

 

-明日使える役立ち情報
-,

Copyright© ZIRNITRA blog , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.