明日使える役立ち情報

大胆にもJR東所有の雑木林で大麻栽培していた男、逮捕

更新日:

a1180_007520_m画像はイメージ。フリー素材

 


 

 

JR東日本の土地に勝手に大量の大麻を育てていたなどとして、
大麻取締法違反・所持、栽培の容疑で東京都福生市福生のアルバイト秋山貴洋容疑者(40)を逮捕しました。
取調べによると「自分で使うため」と容疑を認めています。

秋山容疑者はまず自宅で大麻を種から苗木に育て、
東京都瑞穂町のJR東日本が管理する雑木林に64本を植え替えました。
その末端価格は数億円に上るとみられ、販売目的だった可能性もあるとみて現在も調査中。
また秋山容疑者は「多摩川河川敷に植えたこともある。去年は失敗した」などと話しているといいます。

逮捕容疑は2月中旬ごろから雑木林で大麻草を育てたうえ、
7月25日に自宅の押し入れで乾燥大麻約1,7キロを所持していたとしている。

5月中旬、警視庁福生署に匿名の情報提供があり調査を開始。
秋山容疑者が敷地に出入りし、肥料を与えたり雑草を抜いたりしているところを確認した後逮捕。

 

参考ニュース

JRの雑木林で勝手に大麻栽培 容疑の男逮捕 警視庁

 

 


 

 

いやー、なんて大胆で馬鹿な犯行かと最初は思っていたんですが、
中々やり口が巧妙のようで。

木を隠すならなんとやら。

一度多摩川の河川敷で飼育失敗しているにも関らず捕まっていないことを考えると、
今回も匿名の情報提供が無かったら大麻栽培して売ってたかもしれません。
そら恐ろしい話です。

自分で使うためと言っていますが、これは間違いなく売るためでしょうね。
大麻って自分で使うといえば刑が軽くなりますから。
あー、もうメンドクサイな、コイツ。

早く販売経路やらをゲロッて欲しいものです。

 

では今回はこの辺デー

 

-明日使える役立ち情報
-, ,

Copyright© ZIRNITRA blog , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.