明日使える役立ち情報

列車プロレスとは何ぞや?

投稿日:

 

※画像は参考ニュースサイトから引用

001

 

参考ニュースサイト

列車プロレス:至近で「興奮」…山形鉄道フラワー長井線
至近で「興奮」…山形鉄道フラワー長井線

 

 

7月4日(土)に走行中の列車をリングに見立てプロレスの試合をする(?)
全国初のイベント「ローカル線プロレス」が山形鉄道フラワー長井線の赤湯駅~長井駅間で
貸し切りの列車を使って行われました。

長井あやめまつり」を盛り上げていたプロレス興行をもっと派手に復活させたいと「長井地域おこし協力隊」が企画。
東北を拠点に活動するあの有名な「みちのくプロレス」などから10選手が参戦。
車両を壊さない」「乗客にけがをさせない」などのルールの下、
2両編成のうちの1両を使い約30分間、車内での激闘を繰り広げました。

約50人の観客は「至近距離で技を見られて興奮した」「選手の汗や熱気をじかに感じられた」など、
一風変わったローカル線の旅を満喫できたらしいです。

 

 


 

 

ローカル線でプロレスをやるという記事を見たとき、
ファッ!?」と驚いてしまいましたが、
あの「みちのくプロレス」の名前を発見し妙に納得。

みちのくプロレスだからね。
しょうがないね。

 

画像でみるとかなり車内は狭く、
こんな所で技を掛けあうプロレスラーは本当にプロフェッショナル。

見ていて楽しいでしょうなぁ。
ああ羨ましい。

それにしてもこの企画を出した奴はいったい誰なのか?
通す方も結構アレですが、それよりもコレを考え付いた人がやべぇ。

「地域復興にプロレスを」はまだ分かるが、ローカル線とプロレスはどう考えても結びつかん。
国家レベルで護ったほうが良いのでは?
天才よ、確保確保!

 

では今回はこの辺で。

 

-明日使える役立ち情報
-,

Copyright© ZIRNITRA blog , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.