明日使える役立ち情報

山梨県立美術館で「夜の画家たち」がやってますよ

投稿日:

 ※画像は山梨県立美術館の公式ホームページから
URLはこちら→http://www.art-museum.pref.yamanashi.jp/exhibition/schedule.htmlheaderimg

西洋美術が頂点を迎えたバロック期(17世紀)において、
フランスのジョルジュ・ド・ラ・トゥールやオランダのレンブラントらによって、夜や闇の背景から炎や灯の光によって対象を浮かび上がらせる
劇的な場面を演出したテネブリスム(暗闇主義)が流行した。
一方、日本では、近代になって初めて西洋美術に出会った画家たちが
テネブリスムに魅了された。
その一例を見た山本芳翠は「其画が全く光りのついてゐる様だ」と感心し、自らもこの新しい表現に取り組んでいる。

そうした日本のテネブリスムとも言うべき独自の明暗表現が、
江戸時代の司馬江漢や亜欧堂田善の銅版画、
歌川広重や歌川国芳の浮世絵にはじまり、近代の高橋 由一、
中丸精十郎らの洋画、小林清親らの浮世絵から、
鹿子木孟郎、高島野十郎らの洋画、近藤浩一路らの日本画、
川瀬巴水の浮世絵にいたるまで続いていく。

本展は、二つの文化の間で生まれたかつてないこの闇と光の世界の全貌を、着想源となったヨーロッパの巨匠ジョルジュ・ド・ラ・トゥールの作品などとも対比させながら明らかにしていくものである。

~公式紹介ページより引用。URLはこちら

 

 

4月18日から山梨県立美術館で開催されている「夜の画家たち」。

 

夜や闇といった背景に火や灯の光で絵を浮かび上がらせる
テネブリスム(暗闇主義)をテーマにした絵画展。
・・・絵画展だと思いますよ、多分。
レンブラントがいるから絵画展ですよね?

こういう美術系って明確にしてないのも多いのでよく分からないですけど、
出品リストを見るに絵画展だと思います。

出品リストはこちら→http://www.art-museum.pref.yamanashi.jp/exhibition/images/exhib201504/list.pdf

 

開催期間は上の画像でもありますが6月14日まで。あと1ヶ月も無いですね。

あと休館日もあります。
今日からですと5月25日、6月1日、6月8日の3日。

開館時間は朝9時から夕方5時まで。入館は夕方4時半までです。

一般が1000円、大学生は500円。
そして高校生以下は無料です。もちろん特別支援学生も無料ですよ。

 

 


 

 

いいなー、学生は無料かー。
で、でもジルニトラは学生の頃、こういう学生無料の美術展に毎日行ってたんだから、
だから・・・べ、別に羨ましくなんかないんだからね!

・・・・・・あ。
ちなみに毎日いくと顔パスで入れるようになるかもしれませんよ(実体験)

 

ジルニトラは、こういった美術展が近くにあれば絶対に行くようにしてます。(高くなければ)
誰が有名でどの作品が代表作だとか余り知らないですけど、あの静かな雰囲気で絵を見るのが好きなんですよね。
説明とか全く読まないで、よく知りもしない有名な絵をずっと見てるので、友人には変だ変だ言われますが。

う~ん変かな?・・・まあいいや。

近くに住んでる人は是非行ってみてはー?
テーマが面白そうなんで素人でも楽しめると思いますよ~。

では今回はこの辺で。

-明日使える役立ち情報
-,

Copyright© ZIRNITRA blog , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.