明日使える役立ち情報

認知症と戦え  プラズマローゲンの話

更新日:

「認知症」

怖いですよね。

 

まず「認知症」とは知的障害とは違い後天的なもので、日本では「痴呆」とも呼ばれた

脳の障害のことです。

様々な原因から脳細胞が死に働きが低下し、直前に起きたことを忘れるといった記憶障害が起こるので

日常生活に支障が出てきます。

時間が経つにつれ症状が進行し、古い記憶もドンドン無くなっていきます。

 

こんな怖い病気ですが、近年日本では増加傾向にあり

認知症を発症している人数は2012年時点で462万人にも上ります。(厚生労働省研究班調べ)

さらに65歳以上の高齢者の4人に1人は「認知症」の予備軍であるという統計も出ています。

まだまだ若いから、先だから、なんて言って余裕こいてる場合ではないのです。

 

認知症と戦え  自然物質「プラズマローゲン」

 

プラズマローゲン」は

人や動物、魚介類などの体内にある「自然物質」で

「脳細胞をコントロールする重要な役割を果たす」とされています。

脳細胞の身代わりとなって酸化され脳を守ってくれる物質なのです

 

実際、「認知症」患者に試してみたところ、かなりの効果があることが判明。

症状の軽減に期待できることが分かりました。

ただ、それだけではありません。

ジルニトラが最も注目して欲しいところは

 

これが「自然物質」であるということ

 

ようするに「プラズマローゲン」はサプリメントで出せるということです

新薬を出すには相当の時間とコストがかかります。

プラズマローゲン」は先ほども言った

人や動物、魚介類などの体内にある「自然物質』です。

薬より遥かに早く、ローコストで出来るかもしれないのです。

 

いやー

これは凄いことですよ。

将来「認知症」が「認知症(笑)」になってるかも。٩(ˊᗜˋ*)و

「プラズマローゲン」凄い!がんばれ「プラズマローゲン」!!

 

最後に、

「認知症」は現代医学では治らない病気です。

今回紹介する「プラズマローゲン」もまだまだ謎が多い物質。

希望の物質ではありますが、研究が進んでも完治させるまでは出来ないかもしれません。

ただ、こういうものが発見されていくことで人が一歩前に進んでいることは間違いないと

思います。

いつか「プラズマローゲン」が「認知症」を怖くない病気にしてしまうと信じて~

今回はこの辺デーヾ(๑╹◡╹)ノ"

-明日使える役立ち情報

Copyright© ZIRNITRA blog , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.