明日使える役立ち情報

59年ぶりにアメリカとキューバの首脳が会談し大使館の再開へ

投稿日:

new

画像はyoutubeの映像から
URLはこちら→https://www.youtube.com/watch?v=JMcIti-DGbY

 

アメリカのオバマ大統領とキューバのラウル国家評議会議長は
4月11日にパナマの首都パナマ市で59年ぶりとなる会談をしました。

約一時間ほどで終わり、その後のインタビューでは
双方が関係改善に向けて成果があったと述べています。

今回の会談は取り急ぎ大使館を再開することを合意して
両国の国交正常化を加速させるのが目的。
両国の隔たりは非常に大きいものですが大丈夫なのでしょうか。

ただどちらも簡単にことが進むとは思っていないようで

オバマ大統領は
「人権や自由などで両政府間の差異は多い」と楽観的な意見をけん制、

ラウル議長は
「あらゆる問題を議論していくつもりだが
同意できないこともある。忍耐が必要だ」と問題解決は長期にわたるとの考えを示した。


 

 

キューバは社会主義。

アメリカは資本主義。

相容れることのない両主義国家ですが、
ここで両国の関係が改善されていくとなると
日本の立ち位置が面白い事になりそうです。

今までアメリカがいる手前、中々キューバとの関りを持てなかった日本。
一歩引いた関係から一気に距離が縮まる事もありえます。

すでに岸田文雄外相が今月末から5月初旬にかけて同国を訪問する予定となっており、
日本企業お得意のインフラ整備の話などで協力を模索していく構えです。

さあどうなっていくか、要注目ですね。

 

では今回はここまで。

-明日使える役立ち情報
-, ,

Copyright© ZIRNITRA blog , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.